原因を見つけて排水管の水漏れを止める方法を探る

排水管で水漏れが起きてしまった場合には直ちに対処しなければなりません。水が漏れてきてしまう状況を継続してしまうと、水が流れ続けてしまうばかりでなく、床や壁が水浸しになってしまい、元の状態に戻せなくなってしまう場合もあるためです。そのため、水が漏れてしまった場合はなぜ漏れているのかという原因を探り、その原因に対してどんな対処方法があるのかを見つけなければなりません。

■水漏れ箇所から考えられる原因とは

水回りのトラブルはあらゆる場所からあらゆる原因によって引き起こされてしまうものです。一口に水が漏れてしまっている状態といっても、様々な要因が考えられます。排水管のつなぎ目部分から水漏れが発生している場合、つなぎ目部分がゆるんでいる場合が考えられます。また劣化などで亀裂が入ることが要因とも考えられます。





■水漏れを止める方法とは

水漏れを止める方法は水が漏れている原因によって適切に対処しなければなりません。蛇口の水漏れであればねじをきつく止めなおすだけで大きく改善します。しかし排水管となれば専門の業者に依頼しなければならないケースが多いです。万が一シンク下等の排水管の水漏れに気づき、その水漏れがつなぎ目部分であれば部品を確認し、締めなおしてみることをおすすめします。またごみなどがつまってしまっていたり、亀裂が入るなどで故障している場合は重曹やクエン酸などで掃除してみたり、排水管事態を交換することで改善がみられることがほとんどです。



■まとめ
排水管から水漏れが起きてしまった場合は直ちに対処しなければなりません。漏れの部位を確認し、つなぎ目部分であれば部品の交換や部品を締めなおして修理できる場合があります。また排水管が詰まっているときは掃除し、亀裂が入っている場合は交換すれば水漏れが改善できることがほとんどです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ