自分でできる排水管の水漏れに対する応急処置の一例

配管から水が漏れてしまうと非常に不便に感じることでしょう。水回りのトラブルは水が使えなくなってしまったり、水が流れ続けてしまう場合は水道代が跳ね上がってしまったりします。中でも水漏れは床や壁が水浸しになってしまうため、気づいた場合はすぐに応急処置を行わなければ、現状よりもさらに状態が悪化してしまうこともあります。そのため、どのように処置をするかが重要です。

■排水管の水漏れに気づいたときに行うこととは

まずは水漏れ部位を探しましょう。万が一排水管ではなく給水管であった場合、蛇口をひねって水を使用しなくても水が漏れ続けてしまっているため非常に事態が悪化しやすいです。しかし排水管の場合は使用した後の水が流れます。そのため水を使わないことが最重要の応急処置となります。





■水を使わないこと以外にできる応急処置とは

排水管の水漏れは、水を使わなければ新しく排水されることがないため、水の漏れはいつか止まります。しかしそのままにしておくと床などが水浸しになってしまうため、タオルなどを巻き、タオルで水を吸収する応急処置をすることをおすすめします。タオルが吸うことができなくなってしまったら新しいタオルと交換します。こうすることで床などに水が垂れずにすみ、一旦水漏れを止め、水が止まってから水が漏れている原因などを探すとより修理が行いやすくなります。




■まとめ
排水管の異常に気づいた場合、水を使わないことが最優先の応急処置です。また漏れている部分にはタオルを巻き、タオルに水を吸収させ、吸収できなくなったら新しいタオルに交換することで床が水浸しになることがなく、応急処置をすることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ