自分で行う排水管の水漏れ修理にあると便利な工具

排水管から水漏れが発生している場合、すぐに専門の業者を呼ばなければならないと慌ててしまうことも多いでしょう。もちろん専門の業者を呼べば水が漏れている場所や原因などをすぐに特定できるでしょう。しかし実は水が漏れている場所や原因によっては一般の方でも直せます。水が漏れてしまった場合において必要な工具について紹介します。

■自分で行える水漏れの修理とは

排水管の水漏れは、原因となっている場所を確認することが大切です。場所によっては専門の業者を呼ばなくても実は直せます。自分で修理を行うことができるのは排水管のつなぎ目部分から漏れているときです。つなぎ目部分からの水漏れはパッキンの交換やナットの調整で直せます。




■修理にあると便利な工具とは

自分で修理を行う場合、パッキンの交換にはもちろん新しいパッキンが必要となります。またそれ以外にあると便利な工具はナットの調整に使用できるレンチがあります。種類やはずす場所によってはドライバーや六角レンチなどもあると便利です。また蛇口そのものを取り外したい場合は水栓レンチといった蛇口をはずす専用の工具が必要となります。しかしレンチ以外は安いものでは100円均一にも売っているため簡単に手に入れることができます。




■まとめ
排水管から水漏れが起きた場合、場所などによっては一般の方でも直すことができます。ナットの調整やパッキンを換えると良くなることが多いです。しかしナットの調整にはそれ用のレンチが必要となります。また排水管や取り外す場所によっても必要な工具は異なりますが、ドライバーや六角レンチ、水栓レンチなどがあると便利です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ