自分で修理できない排水管の水漏れの基準について

排水管の水漏れを発見したなら、どうにかして自分で修理できないかと考える方も多いでしょう。水回りのトラブルは簡単なものであれば自分で修理することが可能です。しかしもちろん専門の業者に依頼したほうがよい場合もあります。無理に自分で修理しようとして余計に悪化させてしまう場合があるため、自分で修理できるものと、専門の業者に依頼したほうがよいものについてしっかりと見極めることが大切です。

■自分で直せる部分とは

排水管は洗面所の下やキッチンのシンク下などにありますが、こうした排水管はごく一部にすぎません。こうした目に見える箇所であれば自分で直せる場合もありますが、実は壁の中や床下など、見えていないところにも配管はあり、水が漏れる可能性はどこでもありえます。水が漏れていることに気が付いたが、どこから水が漏れているかわからないといった場合、原因もわからないということが多いため、専門の業者に依頼した方がよいでしょう。



■業者に頼んだほうがよい水漏れとは

キッチンの排水管は油分などが一緒に漏れてきてしまう可能性が高く、修理の際に気を付けなければならない点が多いため業者に依頼した方がよいといえます。また、交換に失敗した場合、時間も労力も無駄となってしまうため、初めから業者に依頼すべきであるといえます。





■まとめ
キッチンの排水管からも水漏れや、どこから水が漏れているかわからないといった場合もあります。また、亀裂などで交換が必要な場合や給湯器 修理を自分でしようと思うとかえって状態が悪化してしまう恐れがあるため、専門の業者に修理を依頼するとよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ